カードやローンの効果的な使い方~効率的に賢く使う~

カードを利用している女性

信用が左右する

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保として提供することによって、お金を借りる仕組みです。 不動産担保ローンは、お金の貸主と借主の双方にとってメリットのある制度です。まず貸主にとっては、万が一、借主が返済できなくなってしまった際に、貸主は担保となっている不動産を売却して、返済を受けることができます。一方、借主にとっては、不動産を担保にすることで、自分自身の信用力以上に、不動産の価値に応じた大きな金額の借入を行いやすくなります。 一般的な不動産担保ローンは、銀行などの金融機関から借りるイメージが強いですが、金融機関以外にもノンバンクと呼ばれる民間の金融業者から借りるという方法もあります。

金融機関の取り扱う不動産担保ローンでは、比較的低金利で借入を行うことができますが、審査を突破するのが厳しい上、融資が実行されるまでに多くの時間を要します。なぜなら、金融機関では不動産の価値のみを基準とするのではなく、個人であれば信用情報を、法人であれば数期分の業績を元に、総合的な判断で審査を行うためです。また、融資を受けた後でも資金トレースと言って、契約時に申告した通りの資金使途でお金を使っていることを確認されます。もし申告していない使途でお金を使ってしまった場合、返金を求められるケースもあります。 一方、ノンバンクの不動産担保ローンは、不動産の価値のみを根拠にして、スピード審査を受けることができ、最短数日で融資を受けることも可能です。そして、資金使途は自由な場合も多く、非常に利便性が高いものもあります。その分、金融機関より金利は高めに設定されていますが、繰り上げ返済が可能なので、計画的に利用することでデメリット以上のメリットを享受することができます。